概略

りゅうたまは、竜人と呼ばれる存在に見守られながら旅をするTRPGです。
このTRPGの目的は、ただ旅をすること。

その目的はGMとPLが認めるならば、何でも構いません。
誰かに会いに行く旅でも、修行をする旅でも、復讐をする旅でも、旅自体が目的の旅でも。
自由な世界の中で、旅物語を紡ぎましょう。

システム

りゅうたまのシステムについて、特徴的な部分を幾つか紹介します。

竜人(GM)

りゅうたまでは、GMも竜人というキャラクターを作成します。
この竜人は旅人たちに同行し、その旅を記録して旅物語を書き上げるという存在です。
この旅物語が竜に捧げられることで、世界の糧となる、というのが基本の世界設定です。
竜人は時には旅人を助け、時には試練を与えることで旅を盛り上げることができます。
人の形を取って一緒に旅をする竜人すら作ることができるため、GMが直接物語に関わることができるのが特徴です。

判定システム

りゅうたまでは、能力の数値がそのままダイスの面数となります。
例えば能力の数値が4と8の技能で判定を行う場合、4面ダイスと8面ダイスを1つずつ振って出た目を合計します。
最小が4で最大が20であるため、オフセで行う場合には少々多めの種類のダイスを用意する必要が有るかもしれません。

たびあるき

りゅうたまでは、旅をすること自体に判定が必要になります。
疲れずに歩くことができるかどうか、道に迷わずに進むことができるかどうか、ゆっくり休めるキャンプを作れるかどうか。
旅人たちは、多くの場合で協力しあいながら、旅の道を歩んでいきます。

世界作り

りゅうたまの世界には、決まった大陸があったり、街があったりするわけではありません。
GMとPLが協力をして、どのような場所に行きたいのかを考え、それを世界として作っていきます。
例えば「食事が美味しい街」を作ることができたり、「盗賊に脅かされる村」を作ることができたりするのです。
こうして作られていく、自分たちだけの世界が、ある意味でりゅうたまの一番の醍醐味でもあります。

ルールブック

現在、りゅうたまのルールブックとサプリメントを合わせて3冊存在しています。
ただし、この内サプリメント2冊については絶版となっているため、手に入れるのが難しいのが現状です。
逆に基本となるルールブックについては、マンガ図書館Zで無料配布が行われているため、pdf版であれば誰でも無料で閲覧することができます。

『りゅうたま』

基本となるルールブックです。
必要となるルール類は網羅されているため、この1冊だけでも十分旅を楽しむことができるでしょう。
以下に無料版のURLを掲載していますが、ペーパーバック版も販売されており、こちらも内容はほぼ同じです。
参照性が良いため、ペーパーバック版も十分選択肢に入るでしょう。

『りゅうたま 1st passport 馬車と帆船に揺られる旅』(絶版)

1つ目のサプリメントです。
タイトルの通り、旅のための馬車と帆船を作り、運用するためのルールが追加されます。
さらに新職業として、船を運転するために必要な「ナヴィゲーター」が追加されています。
従来の旅の幅を大きく広げることができるため、絶版であることが惜しい1冊です。

『りゅうたま 2nd passport 街を世界を巡る旅』(絶版)

2つ目のサプリメントです。
こちらではいくつかの独特な街を追加しており、決まった世界設定の中を旅できるようになります。
また、ネコゴブリンの旅人を作ることができるルールも追加されています。
この他にも、NPCをランダムで決定することができる特徴表などがあり、竜人(GM)に取っては特に使い勝手の良い1冊です。

タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です